精神障害者の方のための住まい~セイフティアパートとは?

セイフティアパートとは

障がい者の方にとって最初にして最大の難関は、おそらく住居の確保になるでしょう。
障がい者というだけで、なかなかアパートを貸していただけないからです。

そこで、私たちが大家さんからアパートをお借りし、利用契約という形で障がい者の方たちにアパートをお使いいただくことにしました。
私たちはこれをセイフティアパートと呼んでいます。

セイフティアパートの利用者は基本的に一人暮らしの出来る障がい者を対象にしていますので自立支援法でのグループ・ケアホーム利用資格である受給者証の取得は必要ありません。

利用者の希望により、「定期巡回サポート」「夕食配食手配」「生活用品購入サポート」を行います。